積水ハウスグループの高齢者向け賃貸住宅 グランドマスト

ハルメク掲載記事(2021/12/10)

これからを考えた住み替えのポイント、教えます!
『住まい選びのカギは「出会い」と「つながり」』

これからの人生を楽しむための重要なポイントは“今後の住まい”。今回は、アクティブな方にぴったりな積水ハウスグループの自立型サービス付き高齢者向け賃貸住宅「グランドマスト」西宮苦楽園に住む3人に話を伺いました。

西宮苦楽園前にて

【目次】
[1] 私たちが「これからの住まい」を決めた理由
[2] 毎日の楽しみは、お仲間との交流や周辺散策です
[3] 日々の生活はどんな感じ? お部屋とお食事をチェック!
[4] 自由だけでなく安心も 見守りサービスがある安心感
[5] グランドマストはこんなところ

【1】私たちが「これからの住まい」を決めた理由

苦楽園におあ住まいの3人
「グランドマスト西宮苦楽園」にお住まいの3人。
写真左から、岩田さん、勝田さん、豊田さん。

勝田 私は一戸建てに住んでいたんですが、庭の手入れやゴミ捨てなどが、年々、負担になって……。マンション暮らしはイヤだという夫を3年かけて説得し、こちらに住み替えました。

岩田 「グランドマスト」は、賃貸なのがいいですよね。今の年齢で高額の家を購入するのは勇気がいります。私は夫が亡くなり、子どもも遠くに住んでいることもあり、不安もあったので、見守りサービスがあるここを選びました。

豊田 そう、何でも自由にできるとともに、安心・安全も確保されているのは魅力。私は、80歳を節目に決めました。体力と気力があるうちに、思い切って住み替えてよかったです。

勝田 ここは、近くに何でもそろっているのもいいですね。特にクリニックが豊富で、まるで町全体が総合病院みたい(笑)。

豊田 町におしゃれなスーパーやレストランがあるのも楽しい。公園や散策路も整っていて、散歩好きな私にぴったりです。

岩田 リビングアテンダーさんが配ってくれた周辺マップがすごく参考になりました。私は、皆さんにフリールームで麻雀を教えてもらえたのもよかったわ!

豊田 私は、毎朝、ラジオ体操に参加していて、新たな日課ができました。

岩田 でも、何よりここに住み替えてよかったのは、いいお友達ができたこと。

豊田 そうですね。人との関わりが密になりました。一般的なマンションでは、ここまで仲よくなれないのでは。楽しいことがいっぱいで、毎日充実しています。

勝田 私は一戸建てに暮らしているときは家事に追われてばかりいましたが、ここに来てゆったり生活できるようになりました。夫も今では「グランドマスト」の暮らしが楽しくてたまらないようです。

【2】毎日の楽しみは、お仲間との交流や周辺散策です

対談 岩田さん、勝田さん
みんなで声を掛け合って不定期に開催している麻雀会は、3人のお楽しみのひとつ。
「勝田さんのだんな様が、すごく上手なの」と、岩田さん。

対談 豊田さん
また、豊田さんは、入居者向けに実施しているラジオ体操に毎朝参加。
「自由参加なので、気兼ねなく続けられます」と、にっこり

ラジオ体操
館内では、毎日のラジオ体操や、月2回の健康体操などを定期的に開催。
※写真は「セントラルスポーツ株式会社 健康サポート部」による健康椅子体操


さらに豊田さんは、グランドマスト西宮苦楽園は立地条件が素晴らしいと話します。「この周辺は公園があったりして、自然を大切にしている地域。市民の憩いの場がたくさんあるんですよ。私はウォーキングをするので、ウォーキングコースをいろいろと変えて街中散策をしながら、季節の移り変わりを楽しんでいます」。

閑静な高級住宅街でありながら、人気のレストランやショップもあり、休日には若い人で賑わう苦楽園口。マンションの近くにもさまざまな施設があり、公民館の読書会に参加したり、ジムで運動をしたり、ポップスを習ったりと、3人それぞれ自由に日々を謳歌しているご様子。

「グランドマスト西宮苦楽園は、楽しめる場所がたくさんあるんですよ!」と楽しそうに話す3人。以前は家事に追われてばかりいたという勝田さんも、グランドマストに来て生活に余裕が出たことで、趣味の時間を楽しめるようになったといいます。

【3】日々の生活はどんな感じ? お部屋とお食事をチェック!

お部屋紹介

今回見学した勝田さんご夫婦のお部屋は、ゆったりとした2LDK。大きく仕切られた窓から六甲山の美しい景色を眺めながら、優雅な時間が送れそう。すみずみまで使いやすく設計されたこだわりのキッチンも魅力だとか。「広々していて、お料理をするのも楽しいです」と、勝田さん。



お食事
有料のお食事サービスも。写真は月に1回の特別メニュー。※食事内容は一例です

自宅での調理も可能ですが、館内でのお食事サービスも入居者の方々に大好評。プロの料理人が、昼食・夕食と、日替わりのお食事を提供してくれます。週2日はお食事サービスを受けるという岩田さんは、「献立を見て、好きなメニューの日に食べに行きます」と話します。

お食事サービスは、広々とした食堂で他の入居者と一緒に食べられるので、「お昼は十数人、夜は20人以上で食べることもあります。今はアクリル板越しですが、みんなでおしゃべりをしながら食べられるのもうれしいですね」と岩田さん。お食事の場面も、他の入居者とのつながりを感じられるよい機会になっています。

【4】自由だけでなく安心も 見守りサービスがある安心感

リビングアテンダー

日中はフロントにいるリビングアテンダーが、高級ホテルのコンシェルジュのごとく、タクシーの手配から各種相談までサポート。また、夜は宿直担当がいて、24 時間警備会社と連携が取れるようになっています。お部屋には、緊急通報ボタンや人感センターも設置され、もしものときも安心。

リビングアテンダーは毎日の生活サポートをしてくれるだけでなく、入居者が気軽に話せる相談役のような存在でもあります。建物周辺の情報を教えてくれたり、体調を気にかけてくれたり、相談やお悩みを聞いてくれたりと、入居者との「つながり」を大切にしています。入居者が日常生活を楽しく豊かにするために欠かせない存在です。

ちょっとした困り事から緊急時まで対応してくれる安心感がありながら、自由に暮らせる「賃貸マンション」なのもグランドマストの魅力。一般的な賃貸住宅のように、個々の生活を制限されずに暮らせます。外出や来客も自由なので、「自由に生活したい」という方にもぴったりです。

【5】グランドマストはこんなところ

グランドマスト

「グランドマスト」は、ホテルライクな共有スペースに、断熱性やバリアフリーなどの快適性、充実した見守り機能をプラスしているのが魅力。心地よく安心して暮らせる、「これからの住まい」にぴったりの賃貸住宅です。

2021年12月10日 ハルメクweb掲載記事