積水ハウスグループの高齢者向け賃貸住宅 グランドマスト

ハルメク掲載記事(2022/1/10)

“安心”と“自由”のどちらも大切な方にぴったり
読者が体験!いま住み替えたい賃貸住宅

人生100年時代を楽しむため安心だけでなく自由もほしい「今後の住まい」。
住み替えに興味があるハルトモ(読者モニター)大山志津子さんが、
積水ハウスグループの自立型サービス付き高齢者向け賃貸住宅「グランドマスト」を見学!

グランドマスト勝どきにて

【目次】
[1] 東京・勝どきの「グランドマスト」を見学しました!
[2] おいしいと評判のお食事も体験!
[3] リビングアテンダーがいるからいつでも安心
[4] リビングアテンダーが教えてくれたおすすめスポットへ
[5] 「グランドマスト」はこんなところ


【1】東京・勝どきの「グランドマスト」を見学しました!

「グランドマスト勝どき」の館内に足を踏み入れた途端、「まるで高級ホテルですね!」と、感嘆の声を上げた大山さん。

廊下

掃除の行き届いた綺麗で明るいエントランスや、お部屋周りの廊下には贅沢に絨毯が敷かれているなど、そこはまさに憧れのホテルのような空間。訪れた日は、ラウンジで小さな展示会が開催中。
芸術鑑賞を通して、入居者同士でお話が弾んだりと、人と人のつながりも生まれているといいます。

「グランドマスト勝どき」は、子育て支援住宅を併設した多世代交流型マンション。ラウンジ、コミュニティスペース、キッズスペースなどの共有空間は、さまざまな世代の人々が行き交い、活き活きとした雰囲気です。

勝どきに限らず、各地の「グランドマスト」も、このような“人との交流”を大切にしています。アクティブな入居者が、グランドマスト内外でさまざまな交流を楽しみつつも自由な暮らしができるのが、グランドマストの特徴です。

屋上にて1

建物の最上階には、勝どきの街を見下ろす屋上庭園が。その眺望とともに、ハーブが植えられた小さな畑にも心が和みます。

「川からの風がとても心地いい。こんなところでゆっくりと読書するのもいいですね」と、大山さんもまったり気分。

屋上にて2

全室50平米以上の「グランドマスト勝どき」。
今回は、その中でも特に広い2LDKのお部屋を見学しました。

グランドマストは、入居者が快適な暮らしを送れるよう、キッチンやお風呂、トイレなどの設備は良質なものを完備。賃貸ならではの自由な暮らしができながら、バリアフリーだったり、スイッチの位置が低かったり、所々に緊急通報ボタンがついていたりと、至るところに安心して暮らせる配慮がされています。

お部屋にて

ここは今までの家と同じように自由に暮らせるうえ、それでいて安心感も得られる。想像していた高齢者向け住宅とはまったく違います。見学に来たら、誰でも気に入るのでは」と、大山さん。


【2】おいしいと評判のお食事も体験!

お部屋にキッチンもついていますが、館内の広々とした食堂ラウンジで朝食と夕食のサービスを受けることも可能です。

お食事風景

今回、大山さんが体験したのは夕食のメニュー。和食の場合、お肉とお魚の両方つくのが基本です。「これだけおかずがついて、おいしくて、バランスもよいなんてうれしい!」と、驚いた様子の大山さん。食事の準備・片付けがいらないのも、お食事サービスのよいところです。
また、グランドマストのお食事が一般的な外食とは違う点は、管理栄養士が入居者世代の栄養バランスや好みの味付けを考慮して献立を作っている点。だから毎食安心して食べられます。

お食事

管理栄養士監修のメニューを丁寧に作り上げるのは、料理長の加藤嘉幸さん。お魚は、近所の築地や豊洲に出向き自ら仕入れているため、新鮮そのものです。

「お肉は1枚を7~10等分にカットにしたり、青菜は柔らかめにゆでたり、トマトは湯剥きしたりと、シニアの方においしく食べていただけるよう細かなところまで気を配って作っています。ぜひ見学会で味わってほしいですね」と、料理長。

日替わりのメニューは、毎月ご当地メニューの日があったり、29日は肉の日にちなんですき焼きが出ることも。お正月はおせち料理など、季節も感じられるようなメニューもあるそうです。

手の込んだお料理を、入居者同士でおしゃべりしながら食べるのも楽しみ。他の入居者やお仲間と会えるからと、夜はちょっとお洒落をして食堂ラウンジにいらっしゃる方もいるそうです。食堂でのお食事は、入居者同士が交流するよいきっかけにもなっています。


【3】リビングアテンダーがいるからいつでも安心

リビングアテンダー

「グランドマスト」の大きな特徴でもある365日常駐のリビングアテンダー。「グランドマスト勝どき」のリビングアテンダー・金田恵里さんに、そのお仕事についてお話を伺いました。

Q リビングアテンダーは何をしてくれるの?
日中はいつでもフロントに常駐し、タクシー手配やクリーニング受付などのフロント業務を行っています。シニアの入居者様向けには、1日1回の安否確認と、何かあったときの緊急対応が一番重要な仕事ですが、周辺のご案内や困ったときの生活相談まで承っています。入居者様が快適に過ごせるように、小さなことでも相談してもらえるとうれしいですね。

Q いつも入居者さんとはどんなことを話しているの?
「温かくなってきましたね」とお声がけしたり、「今日は、美術館に行ってきたのよ」というお話をお伺いしたり……。気軽に世間話ができる距離で見守ることを心がけています。日々、お顔を見ながらこうしてお話をしていると、ちょっとご様子が違うときにもすぐに気づくことができます。

Q 新しい場所で生活を始めるのが不安なのですが……
地域に溶け込んでいただけるよう、グランドマストでは、リビングアテンダーが地域を紹介する冊子を配ったり、ご興味のあることをお調べしたりしています。例えば勝どきでは、お散歩におすすめの桜が綺麗に咲く道や、移動式スーパーの情報、観劇が好きな方には歌舞伎座などをおすすめして、新しい土地に引越しをされてきた方にも、その地域を楽しんでいただけるような工夫をしています。また、基本は賃貸マンションと同じですので、入居者様たちは、それぞれ地域のイベントに参加されたり、近くのスポーツジムに行かれたり、習い事をされたりと、自由に過ごされています。アクティブに外に出て、新しいコミュニティをつくることもおすすめです。リビングアテンダーは、そのお手伝いもさせていただきます!


【4】リビングアテンダーが教えてくれたおすすめスポットへ

都営大江戸線「勝どき」駅から徒歩3分と、交通至便な「グランドマスト勝どき」。近くには複合施設「晴海トリトンスクエア」があり、築地、銀座、東京駅にもバス1本で行けるなど、さまざまな楽しみが周囲にあふれています。

おすすめスポット

今回は、地域の情報に長けたリビングアテンダーおすすめの「歌舞伎座朝市」へ。新鮮な野菜やこだわりのスイーツ、色とりどりの生花などが並び、“お洒落なマルシェ”といった趣。

おすすめスポット2
おすすめスポット3

ここでは、お店の人と楽しく会話をしながら、新鮮なお野菜や、真心をこめて作った加工品など、生産者の想いの詰まった商品を購入することができます。「普通のスーパーでは見られないものばかり。こんな場所があれば、楽しく生活できそう。毎回来てしまうかも(笑)」と、大山さん。

外に出かけたくなる、地域とのつながりが生まれる……そんなスポットや情報を教えてくれるリビングアテンダーのサポートがあれば、日常生活がさらに華やぐこと間違いなしです。

■歌舞伎座朝市
開催日時:毎週木曜日開催。11:00~17:00。
アクセス:東京メトロ日比谷線・都営浅草線 東銀座駅3番出口すぐ


【5】「グランドマスト」はこんなところ

グランドマスト

「グランドマスト」は、ホテルライクな共有スペースに、断熱性やバリアフリーなどの快適性、充実した見守り機能をプラスしているのが魅力。心地よく安心して暮らせる、「これからの住まい」にぴったりの建物仕様です。

ハルメク世代のアクティブな女性も多数暮らしていて、入居者同士で仲がよいのも特徴。さまざまな交流の場があるので、新たな出会いが見つかりやすいのもうれしい点。仲間と共にグランドマストでの暮らしを最大限楽しみたいなら、早めの住み替えがおすすめです。ワクワクする生活が待っていますよ!

2022年1月10日ハルメクWeb掲載記事

読み物一覧にもどる