積水ハウスグループの高齢者向け賃貸住宅 グランドマスト

親族とのほどよい関係を育む、 「スープの冷めない距離」の心地よさ。2020.08.21.

親族とのほどよい関係を育む、 「スープの冷めない距離」の心地よさ。

「家族団らん」と「親しき中にも礼儀あり」の精神はたいせつにしたい。

親族が大家族で暮らしていた時代はもうはるか昔。子と孫の世代が父母や祖父母と同居しない核家族は、この半世紀で当たり前の現象になりました。
いわゆる地方の実家に暮らす父母と都会に住む子どもの家族は、年に二回会えれば上等。孫にとって、おじいちゃんとおばあちゃんは、会うのを待ち焦がれながらも、やっぱり遠い存在。
この、会いたくてもすぐに会えない距離をうんと縮めて――しかし、べったりしすぎないように――会いたい時に会えて気軽に団らんできるというちょうどよい関係に……。これが親族付き合いの理想の姿かも。
今までは盆と正月だけ。今は「今日は一緒に晩御飯しようか」とタイミングと波長が合う。子と孫が近いなら、幸福度も生きがい度もぐんとアップします。

Solutionグランドマストなら

アクセスの良い立地だから 子世帯や親族との近居がしやすい

都心にほど近く、公共交通機関へのアクセスも至便な「グランドマスト」。子世帯の近くを選んで住んだり、子世帯が住まい探し中なら「近くに住まない?」と提案することもできます。子世帯にとっても、育児を手伝ってくれる親が近くにいるのは心強いものです。

もっと見る

共用空間のダイニングラウンジで団らんのひとときを過ごすこともできます。(写真は「グランドマスト鎌倉」)

コラム一覧にもどる